1. ホーム
  2. 婚活SNSの出会い方
  3. ≫ 実の兄の婚活を見て思ったこと、チャンスは意外なところに転がっている

実の兄の婚活を見て思ったこと、チャンスは意外なところに転がっている

実の兄は婚活を1年くらいして、生涯の伴侶を見つけることに成功しました。

父はなくなっているために、母は兄のことばかりが心配で、結婚を早くするように尻を叩いていました。その兄は、かなり奥手で、その期待に応えたいし、自分でも彼女が欲しいと思っていたけれど、どのように行動していいのか分からないという状態。

 

そこで、まずは婚活パーティーや街コンに参加していました。しかし出会いのきっかけになっても、その後に続いていかないのですね。奥手で積極的にいけないということが原因の一つだったのかもしれません。またそれでは結果が出ないので、結婚紹介所にも登録をしました。そこでは3人の女性の紹介を受けましたが、相手から断られたり、いい人に巡り合うことが出来なかったのです。

 

そんなときに兄は一人の女性と知り合いました。その女性は、いつも兄が通う接骨院の患者さんです。気にはなっていましたが、まったく知らない人に声をかけるわけにはいきません。そこで、兄は接骨院の先生にお願いしたのです。何とか話せるきっかけが欲しいと。

 

それから2ヶ月の時間が必要でしたが、接骨院の腰痛体操教室で彼女と話をするきっかけが出来たのです。それから二人の付き合いは順調に発展し、結婚をするに至りました。
これまでの婚活でいろいろな経験をして女性の見る目を養えたこと。

 

また積極性を持たなければだめだと思ったこと。また知人の紹介という方法で信頼できる方法で見つけることができたことで兄は、彼女をゲットすることが出来ました。チャンスって意外なところにあるんですよ。